福祉事業

こどもたちがうつむかない未来のために

私たちゼロメディカルでは、課題を抱えている子どもたちと地域社会との共存による温かい社会を創る事を目的として、
福祉事業を行っております。

放課後等デイサービス 「ぱれっとぷらす」&「なごみ」

放課後等デイサービスとは、障がいや発達に特性のある児童が利用できる福祉サービスです。放課後や夏休み・冬休みの長期休暇を利用して、学校や家庭ではできない体験を行い子どもたちの「できた!」を増やしていきます。
ゼロメディカルでは子どもたちが地域社会と共存できる暖かい社会を創れるよう日々運営に励んでおります。

  • 事業の目的

    発達に特性のある児童の自立支援に貢献していくことを目的としております。
    学校では頑張らないといけない状況が続く中で、肩の荷をおろせる場所が「ぱれっとぷらす」及び「なごみ」です。
    安心・安全に過ごせる中で、少しずつ新しいことに挑戦し、子どもたちが子どもらしくいられる環境を整えております。
    そして、そんな子どもたちの未来のために、社会にはもっとたくさんの選択肢が必要と考えており、ゼロメディカルはその選択肢を広げていく活動も行います。

  • 事業立ち上げの経緯

    代表取締役の原は医療のコンサルティングをしながら、「地域社会に直接貢献できることはないだろうか?」と常に考えていました。そんな時、ある出会いがきっかけで、初めて障がい者通所支援事業所を訪れました。障がいがあっても笑顔で楽しそうな子どもたち。「この子どもたちの笑顔を守りながら、未来へ繋げていきたい」。そのような思いから福祉事業は始まりました。目的は「地域社会と関わりを持って、共存するコミュニティにしていくこと」です。子どもたちの笑顔をたくさん増やしていきながら、温かい社会を目指します。

  • ぱれっとぷらす・なごみの特徴

    子どもたちの成長に必要だと考えているもの。それは「自主性」「当事者性」「支え合いの経験」「安心できる居場所」です。
    子どもたちの「したい!」という気持ちを尊重し、実現のために一緒に考えます。
    ぱれっとぷらす、なごみは療育型のカリキュラムにとらわれることなく、子どもの思いを大切にしています。子どもの成長の速度は様々です。
    一人ひとりのペースに合わせて寄り添い、子どもたちの力を信頼し、安心して過ごせる居場所をスタッフ全員で作っていきます。

  • 今後の福祉事業展開

    福祉全体で捉えた場合、放課後等デイサービスで出来る貢献はまだまだ狭く、本当はもっと困っている児童がいることを理解しないと目先だけの支援となってしまいます。
    訪問相談支援やフリースクール開設など、福祉全体を考えながら地域の包括的な福祉活動を担うことが出来るよう展開してまいりたいと考えております。
    福祉業界では、今後よりいままでになかった考え方・事業が必要になってくるはずです。ゼロメディカルとして社会に新しい価値を創造していけるよう運営に励んでまいります。

福岡地域労働者福祉推進協議会様より福祉募金をいただきました

ゼロメディカル福祉事業「ぱれっとぷらす」が、福岡地域労働者福祉推進協議会様より福祉募金をいただき、2017年10月21日(土)に執り行われた「福祉募金寄贈式・ふれあいコンサート」に出席をいたしました。
頂戴した寄贈物品である遊具類・書籍類・ホワイトボードは、放課後等デイサービス「ぱれっとぷらす」にて、障がいのある児童・発達に特性のある児童の自立支援と発達支援のため活用させて頂きたく思っております。
これからも社会貢献の一助となれるよう、放課後等デイサービス「ぱれっとぷらす」の運営をはじめ、福祉事業に努めてまいります。

NPO法人まちづくりLAB

NPO法人まちづくりLABの理念は「子どもが安心して暮らせるまちづくり」です。子どもたちが安心して遊び・学び・成長し、愛される未来を実現できるように取り組んでおります。子どもたちの厳しい現実を改善するためには、家族・地域社会にも働きかける必要があるからこそ、「まちづくり」という名を掲げています。

NPO法人まちづくりLAB

  • 法人の趣旨

    現在、子どもを取り巻く問題は多様化しています。虐待・非行・家庭内暴力・不登校・いじめ・貧困・発達障がいへの対応など、考えるべき事柄に対し、十分な対応ができていないのが現状です。
    困難な状況にあったり、悩みを持っていたりしても、社会における「あるべき姿」に締め付けられ、相談できず、孤立して苦しむ子どもたちがいます。その悩みを相談できず、抱え込み、孤立していく保護者がいます。私たちは、誰ひとり孤立することなく、どんな状況にあっても、この社会で安心して生きていける未来の実現を目指しています。

  • 子どもたちに必要なもの

    子どもたちの成長に必要だと考えているもの。それは「自主性」「当事者性」「支え合いの経験」「安心できる居場所」です。
    子どもたちの「したい!」という気持ちを尊重し、実現のために一緒に考えます。
    ぱれっとぷらす、なごみは療育型のカリキュラムにとらわれることなく、子どもの思いを大切にしています。子どもの成長の速度は様々です。
    一人ひとりのペースに合わせて寄り添い、子どもたちの力を信頼し、安心して過ごせる居場所をスタッフ全員で作っていきます。

  • 今後の展開

    現在、私たちは福岡市の委託事業や大野城市教育委員会教育指導室との共働事業を行っています。それにより、これまで支援の手が届いていなかった子どもや家族への支援を行えるようになりました。
    今後も独自の訪問支援事業や行政と連携した支援を継続・展開することで、福岡の子ども支援における訪問支援(アウトリーチ)体制を確立していく所存です。
    そして、訪問だけでなく、行き場所が必要な子どもたちに対し、フリースクール等の毎日行ける居場所の提供や、様々な体験が得られる場の提供も行っていきたいと思っています。

    また、私たちの法人は現役大学生と共に活動をするのが特徴です。これから専門家になっていく大学生たちにとって、様々な経験を得られる環境を用意しています。日々移り変わる子ども支援の現場で、なにができるかを思考し、実際に行動できる若い力の育成を心がけています。

    理念である「子どもたちが安心して暮らせるまちづくり」を実現するため、「支援活動」と「次世代育成」の両軸を推し進め、福岡の子ども支援を引っ張っていけるよう努めます。

株式会社NTTドコモ様より助成金をいただきました

ゼロメディカル福祉事業「まちづくりLAB」では、「子どもの健全な育成を支援する活動」にふさわしい団体として、株式会社NTTドコモ様より助成金をいただき、2019年8月29日(木)に執り行われた「株式会社NTTドコモ助成金贈呈式」に出席をいたしました。

今回頂戴した助成金は、不登校状態や家庭内暴力、発達障がい、生活困窮などの困難を抱えた、ご家庭への訪問型相談(アウトリーチ)を中心とした支援の構築に活用してまいります。
これからも社会貢献の一助となれるよう、NPO法人「まちづくりLAB」の運営をはじめ、福祉事業に努めてまいります。

まちづくりLAB主催の「未来福祉フォーラム」が、西日本新聞に掲載されました

「まちづくりLAB」が主催となり、福岡県大野城市にて10月5日に行われた「未来福祉フォーラム」が、2019年10月16日(水)の西日本新聞に掲載されました。

不登校などの悩みがある子どもと家庭に対するアウトリーチ型支援のニーズが高まっている中、まちづくりLABによる、家庭を訪れて援助に繋げる「訪問型 相談支援」と、子どもに勉強を教えるなどして寄り添う「ゆうがお塾」の活動内容も紹介されています。

不登校が課題とみて援助を始めても、家庭内暴力や虐待、生活困窮などが絡み合っているケースは少なくありません。

そのような問題を解決するためには、行政や民間支援団体が個別ケースごとにチームを組んで対応することが、今後より一層大切となってくると考えています。

NPO法人まちづくりLAB

ページトップへ