お知らせ

高精度PCR検査「自宅で簡単 PCR検査キット」提供開始いたしました

新型コロナウィルスに対し、高精度のPCR検査「自宅で簡単 PCR検査キット」の提供を開始いたしました。

当社では厚生労働省、及び国立感染症研究所において、検査の正確性の面で信頼度が高いとされているRT-PCR法を用いております。
使用している検査機器は、世界的な検査機器メーカーとして信頼度の高いThermo Fisher(サーモフィッシャー)社製のハイクラス機器である「QuantStudio® 5 リアルタイムPCRシステム」を使用。
検査に使用する診断薬も、厚労省で承認を得ているライフテクノロジーズジャパン社製の「TaqPath 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)リアルタイムPCR検出キット」を使用しており、機器・診断薬の両面で信頼性の高いものとなっております。

ご自宅で唾液を採取し、キット同梱の封筒にいれて返信いただくだけで検査可能。国内の衛生検査所(東京都品川区西五反田)にて、検査技師・医療法人サポートセンター完備の万全な体制で検査を行っております。
検査結果はウェブからいつでも確認でき、陰性証明書の発行(オプション)も可能となっております。

当社のPCR検査では、

  1. 検体を「核酸精製」する
  2. 3か所の遺伝子領域について解析を行なう

という特徴があります。

検体を「核酸精製」する

検体を核酸精製し、RNAの抽出を行います。
検体となる唾液にはどうしても夾雑物(食べかすなど)が混ざってしまう場合があり、検査精度に影響がある場合がございます。核酸精製はこうした精度の低下リスクを回避するものです。
しかし、多くの民間PCR検査では核酸精製は行わず、検体(唾液)に直接試薬を入れる「ダイレクト法」という検査方法が利用されています。
核酸精製は技術や時間・コストがかかるため、どうしても民間では難しい場合もありますが、検査精度を上げるため、当社のサービスではすべての検体に対し 核酸精製を行い精度の高い検査結果をご提供いたしております。

3か所の遺伝子領域について解析を行なう

新型コロナウイルスのRNAに特異的な3か所の遺伝子領域について解析を行なっております。
一般的な1か所のみの解析に比べて、風邪のコロナウイルスや、今後変異したコロナウイルスに対して、新型コロナウイルスとして正確に検出できなくなるリスクを極力排除しております。

PCR検査の偽陰性について

メディアなどで民間で行われるPCR検査の偽陰性が取り上げられております。
当社で提供する「自宅で簡単 PCR検査キット」では一般的なPCR検査ではあまり行われていない、「核酸精製」及び「3領域での検査」を行うことで高精度なPCR検査が可能となっております。
微量のウィルスも検知可能なため、例えば他社さまの提供する検査で「陰性」であっても、わずかな陽性反応を検知する事もあります。

皆さまの不安を安心に変えるゼロメディカルの「自宅で簡単 PCR検査キット」。 ぜひご活用ください。

AEGIS360(イージス360)のお問い合わせはコチラ。代理店・取次店募集中
ページトップへ