医療機関経営支援 成功事例

財務からはじまり、運営や人材育成
今後の展望を含めた成功事例を対談形式でご紹介

対談者:ひらかわ歯科医院 様

2015年の開業から支援を開始。

事前にエリアマーケティグを行い、物件を見つけるところからスタートしました。 オープニングイベントではたくさんの方に足を運んでいただき良いスタートを切ることができました。

現在では財務の確認や運営の問題解決、スタッフ育成なども行っており、院長だけの満足でなく、働くスタッフさん達もイキイキと治療に励んでくれています。

対談者:ゼロメディカル 原

2015年の開業から支援を開始。

事前にエリアマーケティグを行い、物件を見つけるところからスタートしました。 オープニングイベントではたくさんの方に足を運んでいただき良いスタートを切ることができました。

現在では財務の確認や運営の問題解決、スタッフ育成なども行っており、院長だけの満足でなく、働くスタッフさん達もイキイキと治療に励んでくれています。

「何を改善したいか」を知る事が大切

財務から人間関係まで

まずは先生が本当に改善したいかを知ることから始まります。 中には先生は何もしないで私ばかりが動く医院もありますが、平河先生は自分から率先して 改善に向き合った。そのおかげで私もサポートがしやすかったです。

今回は財務から改善を始めました。 リソースマネージメントなので、お金、ヒト、モノ、情報からピックアップしていけば難しい問題では ありません。一番難しかったのは人間関係です。 当時は院内がバラバラだったので、最初から作り直そうという事になりましたね。 平河先生はそれに同意してくれたので改革が早かったです。

この短期間で本気で改革するという事に同意してもらったという事は、今までの経験値はあるものの、 出したプランに一番いい形で到達できました。とはいえ全てが良くなったわけではありません。

次はチームの編成で問題がありましたね。 メンバーを再構築するために、スタッフとの関係性で先生も苦労したと思います。 我慢強く残ってくれたスタッフがいてくれたおかげで改善ができました。 主役は先生とスタッフたちで、私達は黒子の役割です。 その為、まずはゼロメディカルのスタッフを応援で投入し、診療以外の所をサポートしました。

実際の現場に入る経営支援

あれは本当に助かりました。 これがもう1ヶ月2ヶ月遅かったら残っていたスタッフも辞めていただろうと思います。

体力的にも精神的にも助かりました。 他のコンサルだとあまり現場に入らないで、話だけ聞いてレポート出して終わりだと思うんですが、ゼロメディカルは現場に入ってサポートを行いながら改善を行うスタイルなのがいいですよね。

経営支援の成果とこれからの方針

クリニックの数字を視える化

財務を視える化を行い、診療と患者様の分析も始まり、キャンセルがだんだん無くなって 新患さんも増えてきてきましたね。そこから見えてきた継続率やリコールなども含め クリニックの数字を視える化して、適正なパーセンテージなどを分析しつつ、突出したものに 関しては改善をしていきました。 これを始めて1年半がたち、その間で、今本当に問題があまりなくなってきました。

また、衛生士のスキルをアップするために、フリーの衛生士さんを投入させてもらいましたが、 研修を行っての衛生士さんの様子はいかがですか?

衛生士目線のお話し

そこに対しては、みんな学びたいといった気持ちはあります。 日々の仕事の中でも疑問点が絶対にあります。それが業務に追われて流れていってしまっているのが現状です。しかし、第一線で活躍している衛生士の丸橋さんが、衛生士目線で話をしてくれるおかげで、安心感と信頼感というところもあり知識を吸収しやすいんだと思います。

みんな意識が高まり、教えてくれる内容に明日から使える内容も含まれているので、すぐにやってみようとなります。すぐに結果が得られたという事でモチベーションが持続されています。

医療業界の中で重要な役割を担うために

自分より技術の高い衛生士と会うことで刺激がすごくあったと思います。

僕たちの仕事の目的地の一つとして、スキルアップだけでなくって、医療業界の中で重要な役割を担っているのに歯科衛生士の社会的地位が高くないと思われているが問題だと考えています。

最前線で戦っている丸橋さんと一緒に仕事することによって、フリーランスでも戦えるような人たちを増やしていきたいと思っています。 ひらかわ歯科のスタッフみんなが、素晴らしい衛生士になったと思われるようになるための教育を丸橋さんと行いたいです。

Coming Soon

是非お願いしたいとこですね。

先生自身がマネージメントを

後は最近少し取り組みさせてもらいましたけど、働くスタッフの「モチベーション管理」で、 あれは1回だけでなくって、あのベースを基に先生とスタッフの面談の中で有効活用してもらえればと思います。そして面談の後にモチベーションを変えられたかによって、 今後は先生に次こういう投げかけ方をしたらどうかという話ができます。

僕たちのコンセプトは、医院の中に入ってみんなと話し合うスタイルですが、僕がマネージメントするとだめなので、先生がマネージメントできるようにしてほしいです。 その後の僕が3ヶ月毎の面談に入る時に、みんなの気持ちも聞いて改善していければと思います。 基本的には先生の経営スタイルに合わせて補助をしていくポジションなんで、大変な時はいつでも言って頂ければ対応していきます。

先生自身が経営の中で悩んでいた事

経営者になって初めてわかる事

経営者になってもいきなりは上手くいかなかった。院長・経営者・ドクターになるとマネージメントも含めて、本当にやることが増えました。 勤務医の時に学んだことの真似をしたけれど、そもそも医院が上手くいっている中での一端を担わせてもらっているだけでした。

何となくそこで上手くいっているから出来る気になっていましたが、その延長で自分の医院を運営してみたけれど、意外と上手くいきませんでした。 僕だけのパワーで無いところがあそこにはあったんだ、とういことを再認させられて、じゃあどうしようと思った時に課題のあぶり出しとアプローチができませんでした。

歯学部の中に経営学科を

それはしょうがないですよね。

先生たちは歯学部に入って歯を治すことを勉強してこられて、それが急に勤務医から経営になってくると、そういう勉強してこなかったのもあり、自分の人生の経験値のもとでしかできません。 本当は歯学部の中に経営という学科があって、事業計画の作り方だったり、実務的な事を学校で学べると本当は良いですよね。 我々も医科・歯科などの経営のサポートをしているが、歯科は全国で約69000件もあるんで、競争が激しいはずです。そこに経営戦略がないと続きません。僕たちがバックアップに入ったところが何十年も続くようになってほしいと思っています。

先生にあったスタイルを提案

学校で教えてもらうのは限りがありますよね。 それを先生たちは性格が千差万別なんで「この先生にはこのスタイル」みたいなことが学べたら、きっとみんな成功してると思います。 でもそれは難しいことで、ちゃんと話して自分が受け入れやすい、自分にあったスタイルで提案してもらえるのは大きいです。

否定的な先生はどうしてもいるでしょうが僕はお願いして良かったです。 大変な時期を一緒に乗り越えてもらって、今すこしずつ自分のしたい診療が出来るようになってきました。

今後の財務運用で計画していること

Coming Soon

特に財務での心配はほぼ無くなりましたよね。

伸び悩んだ時の心の安定

そうですね。

でも今度は持ったら持ったで心配があります。 財務は1人でやってるより、相談ができるので方向性の確認ができます。 経営が頭打ちになる時がきて、でも成長が止まる中で落としたら駄目じゃないですか。 上を目指しながらも横ばいになる時があるので、その時に合わせた適切なアドバイスがもらえていると、伸び悩んだ時も心の安定が図れます。

目先のお金じゃなくて、次のステップに進むための勉強にとりくむこともできます。

先を見据えた投資を

そういった投資は前向きです。 この何か月間でキャッシュを減らしていませんし、どこまでが経費でできるかを毎月確認していくことによって意識も高まります。ダメな方だと入ってきたらすぐ使っちゃいます。

ひらかわ歯科医院はちゃんとクリニックにも内部留保ができていて、そうすると次の新しい設備について前向きに考えることができます。 それは先生が先ほどおっしゃった、伸びてるようで実は伸びてないっていうことにおいて、実はちょっと伸びてるんだけど、ちゃんと財務的なところでコントロールしないといけません。 そこをちゃんと先生も理解していただいてるんで僕もやりやすいです。 入ってきてすぐ使っちゃう先生もいますけど、あれは実は無いのと同じなんですよ。将来無くなるものだとちゃんと理解できてないといけませんね。

Coming Soon

そこも含めていってもらえるのはありがたい。

自費治療について

自費が自然と増える

自費に対しての先生以外の考え方が良くなってきて、結果的に自費が増えましたよね。 特に何かすごく広告したわけでもなくて、取り組みの中から自費が自然と増えていったというのが、ここ5ヶ月くらいで徐々に成長してきています。

Coming Soon

丸橋さんが「経営も考えなきゃいけないよ。」と自費の話をしてくれているのが大きいですね。 院長が自費のこと言うと「またお金のことね」みたいな感じで、どうしてもすっと入ってこないところがあったんですが、それを丸橋さんが「それは当たり前でしょ。なんでそれを考えないの。」っていう感じで話をしてくれると割とすっと入るみたいで、それが今に結びついています。

Coming Soon

自費の部分と自己成長したいというのが増えていっているかなというのが、成長段階だと思うんで、彼女たちもあと2年とか頑張って行く中で楽しみです。

Coming Soon

成長をすごく楽しみにしてます。 来年再来年と新卒のDHの採用をしていく中でDHのスキルアップのラボみたいになるように頑張っていきたいなと思ってます。

Contact us
相談無料!お気軽にご相談ください。